« 2019年10月 | トップページ

2019年11月 4日 (月)

ジンバル雲台を快適に使うために

最初に購入したジンバル雲台はSLIK TELEMASTER800 のそっくりさんです。

61ixvbnupl_sl1200__20191104155201

悪くはないのですが、コンパクトに作られているためか微妙に使いづらいのが気になります。
何と言ってもパンハンドルが付かないのがジンバル雲台の欠点ですよね。

そこでパンハンドルが付いている雲台を探してみました。
見つけたのはこれです。

Xiletu-xgh2_2

日本円で16,608円(送料込みで消費税は恐らくかからないです)
消費税が掛からないのは送り手側がそもそもの販売価格を1万円とかに設定して発送ラベルを作るので、税関の検査で関税を掛ける対象から外してしまうので消費税も掛からないことになります。

発送業者にDHLとかを選ぶと恐らく本当の値段が記されて『代わりに関税払っておきました』と請求書が後から来るんでしょうね。香港からタブレットなどを購入するとこのパターンでしっかり取られます。

この製品は初めからハンドルが付いた状態で売られていますが、カーボン製の本体にこれと同じクランプをセットにしたジンバル雲台も売られています。

Andoer-360_07

Andoer-360_06

実際にはこれを97ドルで買いました。注文して1か月経っても送って来ないので別なお店に発注して最初の奴をキャンセルしたら『送っちゃったので辛抱強く待っててください』と言われてしまったあれです。

なので同じ製品が手元に2個あります。

さて、こっちの製品はハンドル用の穴は開いているのですがハンドルが付きません。
その代わり安いです。カーボン製なのに。

届いた雲台に手持ちのビデオ雲台のハンドルを付けようとしましたが、ハマりません。
でも、ハンドルの先っぽを外してみるとBENROにはネジが切ってあります。
これは後で適合するネジを見つければ使えますね。

試しに買ってみたマンフロット500シリーズ用のハンドルの先っぽを外してみたら残念なことにネジが切られていません。
これだと接着剤を使わないと加工できないですね。

1台処分してハンドル付きのを買えば?と疑問に思う人も居るでしょうけど、実はハンドルの先端にオスネジが付いていてハンドルを回しながらねじ込む仕様になっています。

当然個体差があるので正位置に収まる保証が無く、同じ理由で流用すると真横を向いて固定されたりするので買えません。

 

| | コメント (0)

ネジ類を発注

カメラ関係のネジと言うと1/4インチか3/8インチになるのですが、そもそもインチネジは日本では馴染みが無いのでホームセンターに行っても見つかりません。

更に困ったことにインチネジにはユニファィとウイットの規格があり、ユニファイにはUNCとUNFの二種類の規格がありネジ山の間隔が違うので互換性がありません。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/nejiya/chiebukuro/info_inchikikaku.html

Amazonでカメラの分類からネジ類を探すとネジ頭の径が16mmが最小で今回の目的には大きすぎます。

ところが水回りのパイプとかエアブラシなどの圧縮空気を使うホース類の金具を探すと1/4インチと3/8インチが色々と出てきます。

Amazon_20191104133101

その中には今回選んだ製品の様にナット部分が極端に小さい物があり、私が探している用途にぴったりです。

でも、両端がオスの製品ばかりでメスがないんですね。そこでAliExpress を探すとステンレス製で安いのがありました。

Aliexpress_20191104133501

これを自撮り棒と組み合わせるとジンバル雲台のクランプとを繋ぐ部品として使えそうです。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ