« とりあえずパソコンを快適に使いたいのでモニターを発注 | トップページ | やはり商品は届きませんでした。 »

2020年5月27日 (水)

仙台に持ってきたレコーダー

去年の暮れにパナソニックのディーガ SUZ2060を購入して主にBS放送を録画していますが、もちろん録りこぼしを避けるためBW1050で地上デジタルの同一番組を録っています。
これはBS放送なら災害情報でL字型に画面を削られることが少ないので綺麗な録画を確保する確率を上げるためでもあります。

さて、今年の四月から仙台で暮らすことになり、とりあえず赴任したものの社宅が決まらず何をどれだけ持ってくるか決められませんでしたが、4/4に社宅の鍵を受け取り現地を確認しました。

マンション一棟丸ごと単身用で25平米の部屋ばかりです。
仙台駅から800mと言うこともあり普通に借りると65,000円しますが社宅なので私が払うのは9,400円のみ。この中にはシーリングライトとかエアコンとかキッチンのIHコンロとか温水便座など、ほぼ家賃の中に入っています。最も会社がこれらの経費を月額1,000円で不動産業者とネゴっているのが裏の話しです。

今回の異動に伴い仙台にお供したレコーダーは古いDMR-BWT510とBWT660の二台です。
理由は単純。外付けHDDが最大2TBと3TBなのですが、最大1,000番組しか管理できないので3TBを繋いでも容量を使い切ることが出来ず利用価値が低いためです。

最近購入した二台はどこでもディーガでリモートで録画予約と録画したものをリモートで消去できるので船橋に残して仙台からリモートで見ています。

リモート視聴用にインストールしたDiXiM Play for DIGAがちょっとしたポンコツで再生した番組を視聴済みにステータスを変えられないので、どこでもディーガで再生して視聴済に変えてます。これが結構ばかばかしい作業ですね。

 

この次はVPN接続の話でも書きましょう。

 

|

« とりあえずパソコンを快適に使いたいのでモニターを発注 | トップページ | やはり商品は届きませんでした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とりあえずパソコンを快適に使いたいのでモニターを発注 | トップページ | やはり商品は届きませんでした。 »