« 動画のエンコードをHP SPCTRE x360でやってみた。 | トップページ | USB3.1 Gen2 などの規格がまだ周辺機器不足でいまいち性能を発揮できない »

2020年6月 7日 (日)

昨日届いたハイセンスの4Kテレビ

詐欺にあった商品はAmazonからの請求を拒否すれば済む話なので、一昨日の時点でAmazonカスタマーセンタとのメールでも『出品者が発送業者と連絡をとりあっているので…』などとほざいているので『私自身がDHLとやり取りして詐欺だと結論付けているので、このままズルズルと調査中とか言うならカード会社に引き落とし拒否を通知しますよ』と言っておきました。

明日が最終の確認日と期限も切ってあります。

 

詐欺が確定したので43インチにサイズを落として同じE6800シリーズを発注していたのですが、昨日の夕方に届きましたよ。

P10005881

4Kテレビなので地上デジタルを見るときはアップコンバートして画面に表示されるのですが、なかなか良い絵作りになっています。ちょっと赤みが強い気がしますが画像はオートで調整されたものにしました。弄ってもあんまり変わらないのでオートで良いです。

P10005891

手前がビエラのFT55です。
もう7年ほど使っていると思う。結構古い機種ですが3Dにも対応していて立体映像も綺麗に見えるので重宝しています。

この機種が出た当時の4K非対応の最高機種なので画質は抜君に良いです。

P10005941

肝心の4Kモニターとしての使い勝手ですが、こっちはバキバキに画質調整してやっとここまで来ました。

まあ、徹底的に調整すれば結構パソコン用の外付けモニターとしても使えます。

HP SPCTRE x360はFull HDなので立ち上げる時に顔認証のために液晶画面を開き、認証が終わってログインする時にパタッと閉じてしまいます。そのため一瞬、モニター画面がFull HDの解像度になり、すぐに画面が真っ暗になり4Kに切り替わります。

解像度が変わる関係でその都度アプリの位置や大きさがリセットされるのが難点ですが、儀式と思えば許せます。

4K放送も見られるし録画もできるので、こっちにして正解ですね。

|

« 動画のエンコードをHP SPCTRE x360でやってみた。 | トップページ | USB3.1 Gen2 などの規格がまだ周辺機器不足でいまいち性能を発揮できない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動画のエンコードをHP SPCTRE x360でやってみた。 | トップページ | USB3.1 Gen2 などの規格がまだ周辺機器不足でいまいち性能を発揮できない »