« 2020年6月 | トップページ

2020年7月26日 (日)

動画のダウンロード環境

年末年始はYouTube三昧でしたが、お気に入りに入れておいて毎回クリックするのも面倒です。
再生回数が多くなるとその関連動画が優先的にお勧め動画として並ぶので、他にも見たいのに選択肢が狭められて嫌だなと。

と言うことで可能な限りダウンロードしていますが、基本的にそういう使い方はYouTubeはお勧めしていないので落ちない物があります。

と言うかダウンロードは基本的に出来ないのでツールを噛ませる訳ですが、そのツールが拒否するのです。今まで使っていたのは次の二種類。

  • onlinevideoconverter
  • OffLiberty

どちらもYouTubeからダウンロードするツールとして有名なのですが、2本落とすと3本目は拒否。みたいな感じで効率が悪すぎるのです。

サイトがお勧めするいろいろなツール類をダウンロード、インストールさせるためにわざと拒否する訳です。
TouTubeの動画が落とせるというのは餌ですね。
インストールしたら最後ですよ、パソコンを乗っ取られる覚悟はできていますか?

上のコンバーターの方はブラウザが『ここは危険だからダメよ』と教えてくれるようになり、最近は繋がりません。

Onlinevideoconv

OffLivertyの方は先週まで使っていましたが、2本ぐらいで落ちなくなりとにかく効率が悪いです。

Offliberty

と言うことで、昨日とうとう有料ソフトに手を出しました。

Dvdfab

DVDFab downloaderと言う製品で使い勝手はいいです。
動画の再生ウインドウの左側に下向きの矢印が表示されるので、そこをクリックするだけです。

まあ、色々あってこの会社のソフトはもう10年ほど使っていて信用しています。
問い合わせにも敏感に反応するし、なかなか良い会社ですよ。

以前からベータテストやっていたようですが、バグ潰しが終わって今年になってこのダウンローダーが製品化されたと。

Video-downloader-helper01

YouTube以外ではこっちかな。

ダウンロード不可のストリーミング専用サイトの動画も簡単に落とせます。
ただし、ブラウザ上で再生する速度でしかダウンロードできないので時間はかかりますが、画質は最高画質で落とせます。

 

| | コメント (0)

オーディオテクニカのデジタルワイヤレスヘッドホン

先週やっとオーディオテクニカのヘッドホンを落札できました。
ATH-DWL5500です。

元々2013年からこのヘッドホンは使っていて仙台にも持った来たのですが、イヤーパッドがポロポロでそろそろ捨て頃かなと。勿論、イヤーパッドだけね。2012年の販売開始でそろそろ10年近いのですが今でも交換部品は売っているので確保済みです。

販売終了時期が判らないのですが製造終了から7年で部品の供給義務が切れるので、そろそろ買い増ししておいたほうがいいですね。

P10006201 P10006271

これが今回落札した商品です。トランスミッターとヘッドホンが2台。

手持ちはトランスミッターとヘッドホンが1台のノーマルセットです。
この商品はトランスミッター1台に最大8台のヘッドホンをペアリングして同時に使用できます。
なので早速2台の落札品を手持ちのトランスミッターにペアリングしました。

P10006291

中古品なので状態は酷いものが来ると思っていましたが、なんととても奇麗な商品が届きました。

P10006301 P10006311

このビニールっぽい人造皮革みたいな外装がすぐにダメになるのです。
ところがこの商品はほとんど使われずにしまわれていたようで、多少の経年劣化がみられるだけです。

P10006361

比較に手持ちのヘッドホンを写してみました。
もうボロボロです。ほぼ剝がれています。

届いたら早速イヤーパッドを交換かなと思っていましたがラッキーです。これなら交換せずそのまま使えます。

まあ、故障した時のための予備として落札したのですぐには使いませんけどね。

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

仙台の環境も一段落です

やっと落ち着いた感じがします。今までこんなに問題がありました。
 ①船橋とVPNで繋ぐと録画が再生できない
 ②x360はFullHD画面なので動画の編集には狭すぎる
 ③x360から4K60Hz出力すると録画が再生できない
 ④x360から4k30Hz出力するとマウスが飛んで使い物にならない
 ⑤三か月に一度は船橋に持って帰ってペアリングし直す必要あり
 等々
モニター代わりに購入した4Kテレビですが、これは買って正解でした。安いのに画質が良く性能は十分。HDMI2.0の入力を4ポート持っていてポート不足が起こらない。
intel NUCは船橋から持ってきた第7世代Celeromの奴も4K60Hzを二画面同時出力できるので4Kテレビに繋ぎ変えましたが、CPU能力が低いのであんまり使い道ないかも。
第5世代Core-i3 のNUCは完全に出番が無くなりました。
仙台のメインマシンは第10世代Core-i7 のNUCで決まりですね。
P10006191
以前はテレビをパソコンのモニター代わりにするのではなく、パソコンのモニターにチューナーを載せてテレビも見られるモニターとして売るのが主流でした。船橋の自宅にも実は2台あります。7Wのスピーカー内蔵で普通にテレビとして使えます。
今のはパネルの性能が格段に上がったのでテレビなのにパソコンのモニターとして十分に使える物が増えています。
宝くじで5万円。定額給付で10万円。
臨時収入があったので何の苦労もなく環境整備ができてしまいました。

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

根本的な解決にはタスクを分けるしかない。と言うことでポチッ

ポチッとしました。intel NUC Core-i7 10710U搭載のミニPCを追加してタスクを分けました。

Amazon3

明日が5%還元の最終日なので急いで注文しました。6/29の事です。

一度ポチッとしたら..?
メモリが DDR4 2400NHz..?
間違えたなんで安いのかと思ったら速度が遅い奴をポチッてました。

いったんキャンセルして直ぐに注文し直したのが上の明細です・
支払い総額 77,861円ですが、割引前は 85,720円です。だいぶお得に買えました。

P10006021

中を開けるた状態です。
今回買っていませんが船橋からNVMe SSDを持ってきたのでこれを使います。

P10006051

HDD用のケーブルがフィルム状になっています。
これだとSATA3の最大速度でないんでは?
使わないからいいけど。

P10006061

メモリは32GBにしました。
このNUCは6コア12スレッドのCore-i7 10710Uを積んでいるので動画のエンコードが速いんです。

P10006081

CPUが力持ちなのでACアダプタが巨大です。
今までのNUCのACアダプタと並べると大きさが3倍も違います。

P10006111

PC本体にLANもHDMI2.0もサンダーボルトも全部ついているので、変換用のケーブルとかが要らなくてすっきりします。

映像出力も奇麗です。
コントラストが強めで鮮やかな動画・静止画が表示可能です。

ライセンス認証も昨日完了して今日から本格的に使いだしています。
Home にPro のライセンスを当てたので認証エラーになりましたが、その後windows update が走りライセンスが通りました。
エディションもProに変わっています。

タスクを分けると書きましたが、実際は船橋のディーガで録画した番組を再生するためのDiXiM Play foe DIGA だけをx360に残しました。
その上でx360は4K60HzからFull HDに解像度を落としてリモートデスクトップでNUCの画面上にウインドウとして表示します。

そして動画編集用のTMPEGEnc関連のアプリを新規で2本調達してインストールしました。

これで完璧だ。

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ