« 動画のダウンロード環境 | トップページ | DMR-BWT510の録画番組一覧 »

2020年8月16日 (日)

5台目のディーガ(DMR-2CG300)を発注

船橋に2台置いてあります。去年買ったDMR-UBZ2060と2年前に買ったDMR-BWT1050です。この2台は外付けHDDに3,000タイトルの録画が出来るので4TBのHDDを存分に使えます。

仙台に持ってきたのはDMR-BWT510とBWT660の2台です。
510は2011年9月に購入なのでお引越し機能がありません。660はありますが外付けHDDに1,000タイトルしか記録できません。

基本的に5倍速録画なので1,000タイトルだとフルに録画しても1.3TBですね。つまり2TBのHDDを買うと勿体ないのです。しかも外付けの台数がどんどん増えるので管理が面倒。

そこでメインは1050と2060に絞って4TBの外付けに吐き出してます。
2060は本体が2TBなので外付けと合わせると3年ぐらいはこれだけで対応できます。

問題は510にお引越しの機能がないので一度ブルーレイに焼いてから新しい機種に書き戻す方法をとらなくてはいけないことですが、BD-XLを使えば100GB分を一気に書き戻せるから手間がかかるだけでなんとかなります。

悲しいのは510にしか録画していない番組をダビング10のまま移行できないこと。
機種が変わるとコピーワンスでしか移行できないので残りの9回分は捨てることになります。

それでも新規に買ったのはそろそろ壊れる頃だからですね。
2011年9月なのでいつ壊れてもおかしくないと言うか、すでに本体のHDDは一度死んで2TBに換装してありますし、BDドライブも一度死んで部品を交換しました。HDDは交換後5年ぐらい経つのでそろそろ死にかかっていると思います。

今回購入したのはDMR-2CG300です。
3TBの6チューナーなのでどんなに番組が被っても大丈夫。

2cg300

実際、去年の暮れに購入したDMR-UBZ2060は3チューナー機ですが、4番組以上被ってしまい録画できなかった番組が出ました。

まあ、510と660はそろそろ処分の時期が来たと思っているので、番組を整理して時期が来たら売りに出します。
次の記事で何が入っているのかリストに挙げてみます。

 

|

« 動画のダウンロード環境 | トップページ | DMR-BWT510の録画番組一覧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動画のダウンロード環境 | トップページ | DMR-BWT510の録画番組一覧 »